知って得するピアノ豆知識

グランフィール・タッチレールって何ですか??ピアノの音色やタッチの改善?

ピアノ

グランドピアノには、音質の良さや表現力の豊かさなどの利点がある反面、場所を取る、鍵盤が重いなどの欠点があり、アップライトピアノにも、場所を取らない、タッチが軽いなどの利点の反面、表現力に欠ける、連打がしにくいなどの欠点があります。

この両者の欠点を補うために生まれたのが「グランフィール」「タッチレール」と呼ばれるものです。

知っていますか?グランフィール・タッチレール

ピアノ

生ピアノは、ハンマーで弦をたたくことにより音を出す木製のピアノのことです。

グランドピアノとアップライトピアノの2種類があり、グランドピアノは上級者?プロ用の、アップライトピアノは初心者?レッスン生用に最適なピアノです。

グランドピアノには、優れた音質やダイナミックな音量、表現力の豊かさなどのメリットがあり、その反面奥行きが大きく置き場所が限定される、鍵盤が重い、などのデメリットがあります。

同様にアップライトピアノにも、タッチが軽い、場所を取らない、などのメリットがある反面、音質や表現力がグランドより劣る、高速のトリルが弾きにくいなどのデメリットがあります。

しかし、両者のデメリットを改善できる装置があるのです。それが「グランフィール」や「タッチレール」と呼ばれるものです。

今回はこの2つの装置について簡単にご説明したいと思います。

グランフィールとは

先ほども書きましたが、グランドピアノにはグランドピアノの、アップライトピアノにはアップライトピアノの特徴があり、ピアノを購入する際はそれらを考慮しなければなりません。

例えばグランドピアノが欲しいけれど、部屋が狭くてアップライトピアノしか置けないという人は、泣く泣くグランドピアノをあきらめなくてはならなかったのです。

グランドピアノが弾ける環境にない人でも、どうにかしてグランドピアノの音質や操作性を味わってもらいたい、その思いが「グランフィール」誕生のきっかけでした。

既存のアップライトピアノに取り付けることができ、取り付けの際ピアノ本体を動かす必要はありません。

打鍵機構のみメーカーに送り、グランフィールを取り付けるだけで、トリルの連打性UPなど、グランドピアノの性能を実現できるようになります。

お値段は20万円からです。興味のある方は「藤井ピアノサービス」までお問い合わせください。

外部リンク:藤井ピアノサービス

タッチレールとは?

タッチレールは、グランドピアノに取り付ける装置の名前で、アメリカで生まれました。

グランドピアノは、アップライトピアノに比べ、音質や表現力など、楽器としての性能はアップライトピアノよりも上だと言われています。

しかし、両方を弾いたことのある人ならわかると思いますが、グランドピアノの鍵盤は重いのです。

大きな音を出すためには、重い鍵盤を全力で弾かなければなりません。これは手や腕の力が弱い人にとっては、かなりの重労働です。

プロを目指している人たちは、それこそ何時間もピアノの練習をするわけですから、当然負荷は手や腕にきます。

タッチレールはこの鍵盤の重さを改善し、軽いタッチでピアノが弾けるようになる装置です。この装置はピアノの打鍵機構に穴を開けたりなどせず、取り付けが可能です。

ちなみに、これら装置が付いていると、ピアノを売る際に買取価格がアップする場合があります。

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!

-知って得するピアノ豆知識

© 2021 古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ