古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ

40年前のヤマハ グランドピアノの買取相場について教えて!

ピアノ

 

今から40年前、カナダでモントリオールオリンピックがあった頃、ヤマハは生産台数世界第1位を獲得し、急成長していました。

 

日本国内でもピアノは売れて、そのピアノたちが今、中古ピアノとなって市場に出てくるようになりました。

 

当時製作されていた機種を見るとGシリーズ、Cシリーズなど、人気機種が目白押し。この頃のピアノは一体いくらで取引されているのでしょうか?

 

40年前にはこんなことがありました。

 

今から40年前の、1976年(昭和51年)、世の中ではこんなことが起こっていました。

 

モントリオールオリンピック開催

 

カナダのモントリオールで開催されたオリンピック。日本はこのとき、体操男子団体や女子バレーボールなどで金メダルを獲っています。

 

クロネコヤマトの宅急便が営業開始

 

大和運輸が始めた「クロネコヤマト」の宅急便。今では知らない人はいないはず。その他「ほっかほっか亭」の1号店もこの年にオープンしました。

 

その他、政界を揺るがしたロッキード事件、ピンク・レディーが「ペッパー警部」でデビュー、VHSビデオが発売されたのもこの頃です。今では当たり前となった、米飯給食もこの年に開始されました。

 

この頃は、ヤマハがカワイと並び、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長していた時代。1969年にはピアノ生産台数世界1位を獲得しています。

 

この頃までは、海外(特にヨーロッパ)ではまだ無名だったヤマハですが、スタインウェイの音質や音量を手本としたFCシリーズを経てフルコンサートピアノCFシリーズを開発し、一般家庭向けにはCシリーズを発表しています。

 

40年前のヤマハグランドピアノの買取価格 Gシリーズ

 

40年前のGシリーズで発売されていたのは、G2,G3,G5でした。ちなみに、2,3,5という数字はグランドピアノの奥行の長さを表し、1(短い:小型)→7(長い:フルコンサートピアノレベル)となっています。

 

機種 販売 販売価格 買取価格
G2E 1974〜1985年 67〜80万 15〜20万円
G3E 1974〜1985年 78〜90万 15〜20万円
G5E 1974〜1985年 100〜115万 20〜25万円

 

G2Eは、家庭用に販売された小型のグランドピアノで、当時はG3Eの次に人気があったそうです。またG2にはペダルが2本のものと3本のものがあり、ペダルが2本のものだと買取金額が低めになる傾向があります。

 

G3Eは1971年〜1994年まで長期にわたり生産され、Gシリーズの中で最も売れたグランドピアノの1つです。

生産期間が長いため、年代によって買取価格に差があり、年代が新しい物は40万円程度の値が付くこともあるようです。

 

40年前のヤマハグランドピアノの販売価格 Cシリーズ

 

Gシリーズ以外のシリーズで、40年前販売されていたのが、CFシリーズ、Cシリーズ、CSシリーズ、S400シリーズです。

 

CFシリーズは当時の最高級ピアノであり、生産台数が少ないため中古ピアノも少なく、買取価格は不明でした。

 

同じくCS、S400シリーズも現在販売されている中古ピアノがありませんでした。

 

これらのピアノは年数は古いですが、ヤマハの全盛期に作られたものであることから、状態によっては高額査定となる可能性もあります。

機種 販売 販売価格 買取価格
C3B 1974〜1979年 90万 17〜34万円
C3 1979〜1985年 95〜110万 25〜30万円
C5 1979〜1985年 120〜140万 38〜43万円
C7 1979〜1983年 140〜160万 15〜43万円

 

40年前、あなたは生まれていましたか?40年というと江戸時代の日本人の寿命に相当。40年前のピアノでも再生して、まだ活躍できる可能性があるということは驚きです。

 

買取してくれる業者は少数派かもしれませんが、これまで大事に保管してきたピアノですから、ぜひ、信頼できる買取業者を見つけたいですね。

 

※販売価格とは、販売当時のメーカー希望小売価格のことです。

 

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!