古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ

20年前のヤマハ アップライトピアノの買取相場について教えて!

ピアノ

 

1900年にヤマハが初めてアップライトピアノを作ってから100年以上が経ちました。

 

20年前にヤマハから発売されていたアップライトは、ピアノが売れていた時代なので、かなりの種類があります。

 

U3シリーズ、UXシリーズ、YUシリーズなど、ざっと数えるだけでも80種類以上ありました。気になるこれらのピアノの買取価格を調べてみました。

 

ヤマハのアップライトピアノ

 

ヤマハのアップライトピアノは、1900年に国産ピアノ第1号が作られたことに始まります。

 

アップライトピアノは、グランドピアノと違い奥行きが短く背が高いのが特徴です。一般家庭や学校など、様々な場所で愛用されているピアノです。

 

グランドピアノの奥行きに様々な長さがあるように、ヤマハのアップライトピアノは高さが3種類に分けられています。

 

高さがあるほど音響や音質が良くなっていきますが、当然場所を取るので、部屋の大きさに適した高さのピアノを選びましょう。

余談ですが、アップライトピアノと呼べるのは、120cm以上の高さのピアノで、それ以下のものは、厳密に言えばコンソールピアノ(高さ110cm程度)、スピネットピアノ(高さ100cm程度)と呼ぶそうです。

20年前、ヤマハから発売されていたアップライトは、まだピアノが日本でも売れていた時代なので、かなりの種類があります。

 

U3シリーズ、UXシリーズ、YUシリーズなど、ざっと数えるだけでも80種類以上ありました。

 

20年前のヤマハアップライトピアノの買取価格 U1,U3シリーズ

 

ヤマハのU1,U3シリーズは、ヤマハのスタンダードモデルとして、49〜51年間もの長い間生産されていたシリーズです。

 

U100,U300はその最終形とも言える、シリーズ最後の機種として発売されたものです。

 

ヤマハならではの明るい音色と軽やかなタッチは、ピアノ初心者にも、ピアノという楽器の楽しさを教えてくれます。

 

中古ピアノとしても人気のある機種です。U100SaはU10シリーズの機種の1つで、木目調のピアノです。Saとは(サペリ)の略で、マホガニーに似た、少し赤みがかった色の木材です。

機種 販売 販売価格 買取価格
U100 1994年〜1997年 54万円 7〜14万円
U100Sa 1995年〜1997年 62万円 13.1〜16万円
U300 1994年〜1997年 66万円 12〜16万円

 

20年前のヤマハアップライトピアノの買取価格 YUシリーズ他

 

ヤマハのYUシリーズで、20年前に販売されていた機種は、YUシリーズ、YUシリーズ(木目)、YUシリーズ・サイレント、YUシリーズ・サイレントアンサンブルなど多機種にわたります。

 

今回はその中で、それぞれの代表的なものを調べてみました。

機種 販売 販売価格 買取価格
YU1 1997年〜2001年 56万円 12.9〜18.7万円
YU3 1997年〜2001年 69万円 10〜18.7万円
YU1Wn 1997年〜2001年 68万円 10.5〜16.1万円
YU3Wn 1997年〜2001年 89万円 17.8〜22.6万円
YU1S 1997年〜1999年 73万円 17万円
YU3S 1997年〜1999年 86万円 14.8〜19.4万円
YU1SXG 1997年〜1999年 101.5万円 17万円
YU3SXG 1997年〜1999年 114.5万円 17.6〜21.5万円

 

Wn:ウォールナット艶消し塗装,S:サイレント(消音),SXG:サイレントアンサンブル(消音+自動演奏)

 

いかがでしょうか。買った時より、相当値崩れしているとガッカリしたでしょうか、それとも20年も経っているのに10万円以上で売れることに驚いたでしょうか。

 

年代の新しい中古ピアノに比べ、機種による買取価格の差は大分縮まっています。

 

製造30年くらいから買取を渋る業者が出てくるので、もし、処分を考えているならば、今のうちに買取依頼をすることがおすすめです。

 

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!