古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ

30年前のヤマハ アップライトピアノの買取相場について教えて!

ピアノ

 

今から30年前、ヤマハは最高級フルコンサートグランドピアノFCVシリーズを発表し、音へのこだわりをその後も追及し続けていました。

 

アップライトではU1,U2,U3シリーズ、UXシリーズなど、スタンダードモデルとして、多くの機種を販売し、人気を博しました。当然中古ピアノの流通も多く、この頃のピアノは売れ筋といっても良いシリーズばかりです。

 

となると30年もたっていますが、買取価格も期待したくなりますね。気になる買取価格を調べてみました。

 

今から30年前のヤマハ

 

今から30年前の1986年(昭和61年)頃、ヤマハピアノはどのような道を歩んでいたのでしょうか?

 

少し前の1983年、ヤマハはコンサートグランドピアノCFVを発表しました。これは後に世界的なコンクールやピアニストたちに使用されるようになったピアノです。

 

1987年(昭和62年)には創業100年を機に「日本楽器製造株式会社」から社名を変更し、「ヤマハ株式会社」になりました。

 

また、多くのピアニストを支援しながら、彼らの意見を取り入れ、品質向上に役立てようと「アーティストサービス室」を日本および世界各地に設立しました。

 

この頃販売されていたアップライトピアノはUn(1〜3,10,30)シリーズ、MCシリーズ、UXシリーズなど数多くあります。

 

また自動演奏機能付きのMXシリーズ、消音+自動演奏機能付きサイレントアンサンブルピアノであるHQシリーズなどもあります。

 

30年前のヤマハアップライトピアノの買取価格  U1〜U3シリーズ

 

ヤマハのU1,U2,U3シリーズは、ヤマハの標準モデルとして、多くの機種が販売されています。初心者や子どもが弾くにはちょうど良いコンパクトな大きさのものが多く、人気のシリーズでした。

 

当然中古ピアノの流通も多く、売れ筋といっても良いシリーズです。生産年や状態の違いにより、買取価格にはばらつきがあります。

 

機種 販売 販売価格 買取価格
U1A 1982年〜1987年 45万円 8〜11万円
U2A 1982年〜1987年 51万円 3本ペダル:7万円
U3A 1982年〜1987年 55万円 8.4〜11.3万円
U10Wn 1982年〜1987年 57.4〜63万円 12万円
U30Wn 1997年〜1999年 72〜79万円 11〜21万円

 

U10,U30は木目調ピアノで、Wn:ウォールナット艶消し塗装です。木目調シリーズとしては他にBic(バーチ)、Sa(サペリ)などがあります。

 

20年前のヤマハアップライトピアノの買取価格  UXシリーズ

 

ヤマハのUXシリーズは、X支柱といって、アップライトの背面の支柱がX状になっているため、耐久性やバランスが優れているとして人気のあるシリーズです。

 

機種 販売 販売価格 買取価格
UX1 1982年〜1988年 60万円 8.9〜12.6万円
UX10A 1990年〜1994年 65〜69万円 11〜15万円
UX100 1994年〜1997年 75万円 14.3〜17.4万円
UX2 1983年〜1988年 65万円 11万円
UX3 1982年〜1988年 70万円 12.9〜16.2万円
UX30A 1990年〜1994年 72〜82万円 15〜18万円
UX300 1994年〜1997年 89万円 13.5〜20.8万円
UX5 1982年〜1988年 85万円 14.5〜19.4万円
UX50Bl 1988年〜1990年 77.5〜85万円 16.2〜22.6万円
UX50A 1990年〜1994年 90〜95万円 16.2〜22.6万円
UX500 1994年〜1997年 103万円 20.4〜31万円

 

30年もたっているピアノとはいえ、確かな技術で作られたピアノが安価で買えるということで需要があります。

 

状態が良ければ高額買取の期待大!状態がイマイチでも、輸出用や部品取りに需要はあります。

 

中古ピアノの高い再生技術を持っている買取業者もあります。置きっぱなしのピアノがあるならば、ぜひ、多くの買取業者に査定を依頼できる一括査定サイトを利用してみてくださいね。

 

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!