古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ

40年前のヤマハ アップライトピアノの買取相場について教えて!

ピアノ

 

ヤマハは1900年に国産ピアノ第1号を作成して以来、100年以上もピアノを作り続けています。その数はなんと累計生産台数600万台以上。

 

40年前でも、既にUシリーズやWシリーズなど、人気のシリーズを販売していました。

 

ピアノが国内で最も売れていた時代。贅沢な材料を使い生産されたピアノは、海外でも良品として人気です。

 

豆知識、ヤマハピアノの製造番号

 

1900年にヤマハが国産第1号のピアノを作り、それから100年以上が経ちました。

 

1980年代に生産台数のピークを迎えてから、徐々に減少してはいますが、それでも現在までに、累積生産台数は600万台に上ります。

 

ちなみに、ヤマハのピアノには機種を表すU1Hなどの記号の横に、製造番号が書かれているのですが、その番号でおおよその製造年代が分かります。

 

1万〜100万台まで 〜1970年までに生産されたピアノ
100万〜200万台まで 1970年から1975〜1976年まで
200万〜300万台まで 1976年から1979〜1980年まで
300万〜400万台まで 1980年から1984〜1985年まで
400万〜500万台まで 1985年から1991〜1992年まで
500万〜600万台まで 1992年から2002〜2003年まで
600万〜 2003年〜現在まで


Uシリーズのように生産期間が長い機種の場合、製造番号で買取価格が変わる場合があります。

 

40年前のヤマハアップライトピアノの買取価格  U1〜U3シリーズ

 

ヤマハのU1,U2,U3シリーズは、40年前に既に販売されていました。

 

このシリーズはベストセラーと呼んでも良いほど販売台数が多く、中古品も豊富です。70〜80年代の中古ピアノは品質も良く、海外でも人気があります。

 

特にこちらのシリーズは、40年前のピアノでも高額で買取に応じてもらいやすい機種と言えます。

機種 販売 販売価格 買取価格
U1H 1974〜1980年 35万 5〜11.5万
U1M 1980〜1982年 41万 6万
U2H 1974〜1980年 41万 5〜14万
U2M 1980〜1982年 47万 6万
U3H 1974〜1980年 45万 6.4〜13.4万
U3M 1980〜1982年 51万 8.9〜10.4万

 

40年前のヤマハアップライトピアノの買取価格  Wシリーズ

 

ヤマハのWシリーズは、トーンエスケープ方式と言って、譜面台の後ろや左右から音を出すため、音がこもりにくいという特徴を持つシリーズです。

 

木材が豊富に使えた頃のピアノで、今では希少な材料を使った良品だということで、買取価格も高めになっています。

機種 販売 販売価格 買取価格
W101 1974〜1980年 65万 14.5〜17.2万
W102 1974〜1980年 63万 7〜17万
W103 1974〜1980年 50万 5〜14.9万
W104 1975〜1980年 56万 5〜12.8万
W105 1975〜1980年 63万 6〜13.2万
W106 1977〜1980年 65万 14.5〜20.9万
W107B 1982〜1984年 85万 12〜14.9万

 

ピアノに詳しい人の中には、「新品のピアノより昔のピアノの方がよい」と中古ピアノをすすめる人がいます。

 

これは、昔、今は使えない希少な材料を使い、丁寧に作られたピアノが多かったため。

 

そのため、製造から40年もたったピアノですが、まだまだ現役のピアノとして使ってもらえる可能性があります。当時のピアノをお持ちでしたら、ぜひ、買取をご検討ください。

 

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!