ピアノ買取、ここが知りたい

ピアノの製造番号を侮るなかれ!製造番号で製作年月がわかるのです

ピアノ

ピアノ買取では、新しいものほど高値がつく傾向にあります。しかし、家に置きっぱなしになっているピアノ中には、いつ頃作られたピアノか、いつ頃買ったピアノなのかわからないこともあります。

そんな、このピアノはいったいいつのもの?という疑問を解決するには、製造番号が役に立ちます。

ピアノの査定に必要なのは、メーカー、品番、製造番号

家にあるピアノを売りたいと思ったら、必ず確認しなければいけないことがあります。

それは

  1. ピアノのメーカー
  2. ピアノの種類
  3. 品番
  4. 製造番号

これら4点です。

あとペダルの数や住所、ピアノの状態なども査定の際に求められますが、1?4までの情報でほぼ大よその価格は決まってしまいます。

一口にピアノと言っても、車と同じで技術やデザインは日進月歩。定期的にマイナーチェンジ、あるいはフルモデルチェンジを繰り返しています。

その証拠に、日本のピアノトップメーカーであるヤマハは、アップライトピアノ=550種、グランドピアノ=200種もの品番(シリーズ)を製作しています。

カワイはもっと多くて、アップライト=750種、グランドピアノ=250種もの品番があります。

これに海外のメーカーや国内の中小メーカーのピアノと合わせると、全体でなんと4000種もあるのだとか。ちょっと驚きですよね。

ピアノの製造番号からわかるもの

ピアノ

さて、より美しい音を奏でるために、メーカーが競って新作モデルを発表する傍ら、当然ですが生産が中止となるモデルもあります。

年月がたつにつれてその品番が廃番になる確率も高くなります。

そして当然ですが、型落ちした電化製品や車と同様、品番が古くなればなるほど査定額は下がります。

買って10年くらいまでの、品番の生産がまだ終了していないピアノほど、一般的には高く買取ってもらえます。

もし売ると決めたなら、早い方が良いということです。

家のピアノの値段が今どれくらいなのかを調べたくなったら、まずピアノ「一括査定サイト」にアクセスして、ピアノの相場を知っておきましょう。

その時にメーカーと品番、製造番号を入力することにより、そのピアノが何年頃に製作されたのかがわかります。

メーカー側から提出された資料を基に、製造番号→年代の変換を行っているのです。

ヤマハの主な型番と製造番号

もし、家のピアノがいつ頃購入したものか不明の場合は、製造番号から製造年月を調べることができます。

下記にヤマハの製造番号と製造年月のデータを挙げておきます。もしデータがない場合は、ヤマハのホームページに詳細な情報が掲載されていますので、そちらを参考にしてください。

ヤマハピアノ製造番号

1926年(昭和1年) 1
1960年(昭和35年) 12万台(12xxxx x:数字)
1965年(昭和40年) 37万台
1970年(昭和45年) 98万台
1975年(昭和50年) 195万台(195xxxx x:数字)
1980年(昭和55年) 303万台
1985年(昭和60年) 404万台
1990年(平成2年) 482万台
1995年(平成7年) 539万台
2000年(平成12年) 586万台
2005年(平成17年) 610万台
2010年(平成22年) 628万台
2015年(平成27年) 640万台

年代・製造番号別グラフ ヤマハより抜粋

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!

-ピアノ買取、ここが知りたい

© 2021 古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ