古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ

買取依頼前に知っておきたい各部の名前〜グランドピアノ編〜

ピアノ

あなたの家に、誰からも弾かれずに放置されているピアノはありませんか?

 

今、アジア諸国では経済的に豊かになった人々が、日本の中古ピアノを欲しがっています。

 

そのため買取業者は常にウエルカム状態。あなたのピアノも高額買取が可能かも知れません。

 

買取依頼の前に知っておきたい、ピアノに関する基本的な用語について(グランドピアノ編)ご紹介します。

 

今、日本の中古ピアノは海外で売れ筋なんです

 

ピアノ

 

あなたのお家に、誰からも弾かれずに眠っているピアノはありませんか?

 

昔子どもが弾いていたんだけど、子どももすっかり大きくなってしまってピアノに見向きもしなくなり…。

 

私はピアノを弾けないし、正直邪魔なんだけど、子どもとの思い出もあるし結構高かったからねえ〜。などと思いながら、ズルズルと年月を重ねていませんか?

 

それって勿体ないですよ。ピアノは今が売り時なんです。

 

なぜかというと、今アジアでは急激な経済成長とともに、経済的に余裕ができた人々がピアノを求めており、その中で日本の中古ピアノはとても人気があるのだそうです。

 

ですからピアノ買取業者は常にウエルカム状態。3,40年前のピアノでも、もしかしたら予想外の高値で買取ってくれるかもしれないのです。

 

思い出のものは大事に取っておきたいところですが、ピアノに二度目の楽器としての生を与えてあげませんか?

 

買取依頼の前に調べておくことがあります

 

よし、ピアノを売ろう!そう決心したら、買取業者を探す前に、まずやっておくことがあります。

 

ピアノを買取る際の査定額を算出するための、ピアノに関する情報です。

 

絶対に聞かれるのがこの2つ。ピアノメーカーとピアノの種類です。

 

ピアノメーカーはヤマハ、カワイなどのピアノを作ったメーカー名。

 

ピアノの種類とは「グランドピアノ・アップライトピアノ」の2つです。グランドピアノとは、ピアノという楽器としては完成形に当たる、最も良い音を出すピアノのことです。

 

専門的な表現をすれば、幅広くダイナミックな音量、豊かな響き、弾き手によって変わる多彩な音色、ピアニシモ(一番小さな音)からフォルテシモ(一番大きな音)までタッチ1つで豊かに表現できるため、コンサートでピアニストが弾くのがグランドピアノです。

 

もう1つの「アップライトピアノ」とは形が違います。アップライトが縦長の長方形なら、グランドピアノは奥行きの長い変形型といったところでしょうか。

 

買取依頼前に名前を知っておくべき部位

 

ではグランドピアノの各部位について、代表的な部分を説明します。

 

グランドピアノの品番や製造番号を調べるためには、ピアノの弦が収められている内部を見るため、蓋を開けなければなりませんが、この蓋のことを「屋根」といいます。

 

開けた屋根を固定する棒のことは「突き上げ棒」といいます。

 

ペダルの数も聞かれます。「ペダル」はピアノの下部中央にある金属製のもので、通常3本ですが古いピアノには2本のものもあります。

 

またグランドピアノには、音を出す弦が張られている「響板」があり、それを支えるために3本脚が付いていますが、これを「脚柱」といいます。

 

グランドピアノはそもそも高価なので、買取価格も大抵はアップライトピアノより高額です。

 

自信を持って、一度買取査定を受けてみてください。

 

その際はぜひピアノ「一括査定」サイトを利用してくださいね。買取価格がUPする可能性大ですよ。

 

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!