古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ

40年前のカワイ グランドピアノの買取相場について教えて!

ピアノ

 

40年前の1976年(昭和51年)は、昭和天皇の在位50年記念式典が行われ、モントリオール五輪が開催され、そして総理大臣が逮捕された「ロッキード事件」が起こった年でした。

 

その頃カワイは木製玩具の製作を始め、海外に拠点を設立し、累計生産台数が100万台を突破しました。

 

この頃発売されたKGシリーズはカワイの主力商品になりました。

 

今から40年前の世の中とカワイの動向

 

今から40年前と言えば、1976年(昭和51年)です。この頃の日本では、こんなことがありました。

 

昭和天皇の在位50年式典が行われ、カナダのモントリオール五輪が開催され、そしてロッキード事件が起こりました。

 

「日清やきそばUFO」や「日清きつねどん兵衛」が発売されたのもこの頃です。

 

この頃のカワイでは、1975年に、知育玩具、木製玩具の製造販売を開始しました。

 

今もあるカワイのミニピアノは、玩具でありながら、本物のピアノと同じように完璧に調律された音で、子どもが遊びながら絶対音感を学べると人気です。

 

1976年にはドイツのハン市にカワイドイチュランドGmbH.を設立し、1977年には表参道に青山ショップを開設しました。

 

そして1977年に、カワイのピアノは累計生産台数100万台を達成しました。

 

40年前のカワイグランドピアノ KGシリーズの特徴

 

1970年に発売されたカワイのKGシリーズは、当時の二代目社長の河合滋が、創業者河合小市の「この手で、世界一のピアノをつくりたい」という思いを実現するため、小市の開発した技術の粋を集めて完成させたものです。

 

天才技術者と呼ばれた小市は、死ぬまで「音」にこだわり続けました。彼の目指した音は後に「カワイトーン」と呼ばれ、KGシリーズでは、それを存分に具現することができます。

 

低音部の響きの良さ、そして柔らかく優しい音色。

 

KGシリーズは、カワイトーンを愛するピアニストや一般の愛好家たちに広く受け入れられ、カワイのシリーズの中でも長期にわたり生産された人気機種になりました。

 

中古ピアノの世界でも、未だにKGシリーズは人気のシリーズの1つで、流通量も多くなっています。

 

KGシリーズは種類が多いため、調査できる範囲で調べてみました。抜けている機種もあるかと思いますがご容赦ください。

 

 

40年前のカワイグランドピアノ(KGシリーズ)の買取価格 

 

70年代につくられたKGシリーズは、40年以上前のものもありますが、未だに買取可能です。

 

機種 販売 販売価格 買取価格
KG-1 1970年 35万 3.7〜5万
KG-1C 1972年 40万 5万
KG-2 1970年 40万 3.72〜5万
KG-2C 1972年 55万 5万
KG-3 1970年 50万 3.7〜5万
KG-3C 1972年 55万 5万
KG-5 1970年 63万 3.7〜5万
KG-5C 1972年 70万 3.7〜5万
KG-6 1970年 83万 3.7〜5万
KG-6C 1972年 83万 3.7〜5万
KG-8 1970年 150万 5万
KG-8C 1970年 200万 5万

 

40年前の古いピアノでも、しっかり作られた高品質なピアノはまだまだ買取り対象になります。

 

家に置いておくだけならその価値は変わらないように思うかもしれませんが、年月とともに評価は下がり、トラブルも出てきます。

 

もし、ご使用になる予定がないのでしたら、買取に出してみてはいかがでしょうか。まずは、試しに一括査定を受けてみませんか?

 

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!