中古ピアノ高額買取のコツ

今どんなピアノが人気なのか?人気のピアノを知ってより高く売ろう!

ピアノ

ピアノを買う際、選択肢は3つあります

もしあなたにお子さんがいて、これからピアノを買おうとする場合、以下の選択肢があります。

  1. 新品のピアノを買う
  2. 中古のピアノを買う
  3. 電子ピアノを買う

この3つです。昔は1.しか選択肢がありませんでしたが、今はピアノの中古市場も非常に充実していますし、電子ピアノの技術の進歩も凄まじく、より生ピアノ(電子ピアノではないピアノのこと)に近い感触、音色を楽しめます。

ちなみに値段は1.>2.>=<3.になります。

新品のピアノが最も高額なのは当然ですが、中古は年代やメーカーにより価格に差があるため、新品の電子ピアノよりも安いものもありますし、3.も高機能のものは中古ピアノより高い場合もあります。

今人気の中古ピアノってどんなもの?

今ホットな中古ピアノ市場ですが、どんな中古ピアノが市場に出回り人気があるのでしょうか?

まず国内ピアノメーカーから。

国内ピアノメーカーには、ヤマハ・カワイ・東洋ピアノ(アポロ)・シュバイツア技研(シュバイツアスタイン)など全7社があり、その中で人気のピアノはやはり「ヤマハ」「カワイ」のものです。

それ以外のメーカーはそもそも生産台数が少ないことから、知名度が高く安心して購入できるこの2つのメーカーに人気が集まるようです。

中古ピアノと一口に言っても、数十年前のものから10年未満のものまであり、やはり古ければ損傷が激しく、音色が劣化していることもあるため、一般的には大体10年前位までの中古ピアノが人気のようです。

ただし、20?30年前のピアノは、今となっては値段が高くて材料としては使えない材料を使っている、日本の工場で生産されたため作りがしっかりしているなどの理由で、状態によっては高値で取引されることもあるそうです。

海外メーカーの人気どころはスタインウェイ、ベヒシュタインなどです。

しかしこちらは中古のアップライトでも100万程度は覚悟する必要があるので、庶民には中々手が出ないものとなっています。

できるだけ高く買ってもらうために

ピアノ

日本の中古ピアノは品質が良いことから海外でも人気で、ピアノを買い取ってくれる業者も多く見られるようになりました。今なら家に眠っているピアノも高値で売れる可能性があります。

中古のピアノは、製造年数の新しいものや、古くても日本の工場で生産されたもので、状態が良いものなら高額買取が期待できます。

では、なるべく高く買い取ってもらうために、事前にすべきことはあるのでしょうか?

買い取りの流れは、メーカー、型番、色などを伝え、最終的にはキズの有無や鍵盤の調子なども総合的に判断して査定額が決定されます。よって、できるだけピアノを良い状態にしておくことが大切です。

外側のホコリを払い、表面や鍵盤を柔らかい布で拭いておきましょう。ひどい汚れがある場合は、専用のクリーナーを使って落とします。硬い布で拭く、洗剤を使うなどはピアノに傷を付けてしまうのでNGです。

また、付属の椅子やピアノカバーなどが残っていると、査定額が上がる可能性があるので、もし残っているならそちらも綺麗にしておきましょう。

あなたのピアノがより高く売れますように。

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!

-中古ピアノ高額買取のコツ

© 2021 古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ