古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ

100%自分好みにできる、特注ピアノのメリット・デメリット

ピアノ

 

もともとピアノは貴族の高価な贅沢品で、特別注文が当たり前でした。しかし大量生産が一般的になった今でも、ピアノを自分好みにカスタマイズすることは可能です。

 

色、素材、装飾、音色など全てに拘った「特注ピアノ」。そのメリットとデメリットを調べてみました。100%自分好みか、次を考え妥協するか、それが問題です。

 

もともとピアノは特注が当たり前でした

 

みなさんは「特注ピアノ」と聞くと、どんなピアノを思い浮かべますか?

 

自分が真っ先に頭に描いたのは、昔どこかの博物館で見た、ピアノの側面や天板に精工な絵画がびっしりと描かれたアンティークピアノでした。

 

もともとピアノは貴族階級の人たちの間に広まった、言わば贅沢品。職人に依頼して贅沢な材料を使い、自分好みの装飾を施し、自分好みの色に仕上げ、納品させる特別注文が当たり前でした。

 

値段も高く、当時は家が一軒買えてしまう程のものも多かったそうです。

 

今は大量生産ができるようになり、私たち日本人にはおなじみの、黒くてシンプルなピアノが多く出回るようになりましたが、今でも自分好みの特注ピアノを作ることは可能です。あ、もちろんお金はかかりますよ。

 

ピアノのカスタマイズ方法

 

今の特注ピアノには、2種類のものがあります。

 

1つはフルオーダーメードと言って、ベースの機種を使い、色やパーツを自分好みにカスタマイズするものです。

 

色やピアノに施す文字、譜面台や側面の装飾やレリーフ、鍵盤の材料をより高価なものに変える外装的なカスタマイズから、アクションの動き、鍵盤の深さ、音色など内部的なカスタマイズも施すことができます。

 

お値段はベースの機種=100万程度+カスタマイズ料金になります。

 

もう1つはコンセプトモデルと言って、ある程度デザインが確定しており、注文できる部分が少ないものです。

 

フルオーダーメードよりもお買い得で、人気キャラクターとコラボしていたり、色だけを変えることができたりします。値段は120万程度からあります。

 

そこまでのカスタマイズはなくても、消音機能を付ける、タッチを軽くする装置を付けるなども、ある意味特注ピアノと言えます。

 

特注ピアノのメリット・デメリット

 

これら特注ピアノのメリットは、100%自分の好み通りのピアノに仕上げることができることです。

 

色、形、音色、どれも満足できるものに仕上げられるのが最大の魅力です。

 

逆にデメリットは、カスタマイズすればするほど値段が上がること、そしてあまりにカスタマイズしすぎると、それを欲しがる人が限定されるため、値段をかけた割には高値で売れない場合があることです。

 

買取業者が欲しいのは、できるだけ多くの人のニーズに合ったピアノなので、これは仕方ないことかも知れません。

 

ただし、消音機能や自動演奏機能のついたピアノに関しては、査定額アップの可能性があります。

 

グランフィール、タッチレールなど、音色やタッチ感をよくする装置についても、壊れていなければ査定の対象になり、査定額アップにつながることがあります。

 

100%自分好みか、次のことを考えて妥協するか、それが問題ですね。

 

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!