古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ

わが家のピアノは一体幾ら?ピアノ買取相場を知りたい〜その他メーカー編〜

ピアノ

 

日本がピアノブームに沸き、ヤマハ・カワイがピアノの生産台数で世界1、2位を争っていた1960〜80年代、日本には約50を超える多くのピアノメーカーがあり、そこでは熟練した職人が1台1台ピアノを手作りし、高級ピアノとして販売していました。

 

今、これら中小メーカーのほとんどが廃業し、買取額も期待できませんが、状態が良ければ高値で買取ってくれる業者もあります。

 

ヤマハ、カワイだけじゃない。日本メーカーのピアノ

 

日本でのピアノ最盛期、中小ピアノメーカーのほとんどはヤマハやカワイのお膝元である静岡県浜松市付近にありました。

 

しかし、ブームの終息と職人技術の衰退、少子化など複数の原因が重なり、現存するのはわずか数社となってしまいました。

 

もし、ご自宅にあるピアノのメーカーが聞き慣れないものだったら、ピアノブームのころのピアノの可能性があります。

 

当時は、覚えきれないほどのメーカーがあったので、よほど精通していないと名前だけでは国産メーカーとわからないこともあるようです。

 

その他メーカーのピアノの査定額は?

 

これらのメーカーが作ったピアノは台数が少ないことから、中古ピアノとして出回ることもあまりありません。

 

買取を依頼すると大半は値段が付けられないとして買取を拒否されますが、中には名品と呼ばれ値が付くものもあります。

 

いくつかご紹介します。

 

アトラスピアノ

 

当初は日米楽器製作所、後に(株)アトラスピアノ製造となりました。一時はヤマハ・カワイに続き第3位メーカーとなるほど成長しましたが、現在は国内生産を廃業しています。

 

ピアノブランドとしては、アトラス・スタンダード・ノーベル・アーデルスタインなどがあります。

 

現在日本にあるアトラスピアノは30年以上前のものなので、かなり状態の良いものでないと値段が付かないようです。

 

プルツナー

 

(有)大洋楽器、後に(株)プルツナーとなりました。こちらも現在は廃業しています。当時は重要部分にドイツ製の高級部品を使った高級ピアノでしたが、現在は状態が良くないと買取は無理なようです。

 

ベルトーン

 

富士楽器製造、後にベルトーンピアノ研究所となりました。昭和7年からピアノ製作を開始しました。国産ピアノとして初めて日比谷公会堂に収められ、愛好者が多いピアノですが、なかなか買取は難しいようです。

 

その他メーカーのピアノを高く売るコツ

 

その他、中小メーカーのピアノは、基本的には状態が良くなければ買取は無理、無料引き取りないしは引き取り料を支払って回収してもらうというのがほとんどです。

 

中小メーカーのピアノの中でちょっと別格なのは、ディアパソン。加えてフリッツクーラーでしょうか。

 

大橋ピアノ(一度自主廃業し、現在はディアパソンピアノというカワイの子会社)のグランドピアノ ディアパソンは、当時の最高級の材料を使い天才と言われた職人によって設計&製作されたもので、今も人気のある機種の1つです。

 

アポロ(東洋ピアノ)のフリッツクーラーは東京芸大、武蔵野音大の指定楽器になっていた定評のあるピアノです。

 

これらの中古ピアノは値段の割には音が良い良品だということで、愛好家も少なからずいます。

 

ヤマハ・カワイではないピアノは、無メーカー品扱いで買取が難しい傾向にあります。

 

しかし、中古ピアノとしてヤマハ・カワイ以外のピアノも販売されているのを見かけることがあります。

 

よって、買取ってくれる業者は少なからず存在することがうかがえます。

 

参考までに、ヤマハやカワイの中古ピアノは、販売額の3割ほどが買取額といわれています。無メーカー品では、それ以下の買取になる可能性がありますが、買取ってくれるという望みが絶たれたわけではありません。

 

メーカーにかかわらず、質が良ければ高値で買取るという業者もいますので、一括査定サイトなどで、そのような業者を地道に探してみてください。

 

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!