中古ピアノ買取のQ&A

平日の昼間しか時間が空いてない!そんな場合でも買取は大丈夫?

ピアノ

ピアノを売ると決めたなら、早いに越したことはありません。しかし仕事や家庭の都合で、空いている日時が限られている場合、引き取り日や時間の指定は可能なのでしょうか?

忙しいあなたに代わって調べてみました。

答えは…日にちはほぼ指定可能、時間は業者によって可能なところとそうでないところがあるようです。

使わなくなったピアノのデッドスペースは、アップライトで約2畳もあります

家にある誰も弾かなくなったピアノほど、邪魔なものはありません。もし部屋にあるピアノがなくなったら、アップライトでは約2畳、グランドピアノでは約5畳ものスペースが確保できるそうです。

欧米のような広い家なら、そのくらいのデッドスペースは問題ないかも知れません。しかし日本の狭い家においては、畳2畳分のスペースでも結構貴重ですよね。

いらなくなったピアノを処分したい、けれど引き取ってもらうにはお金がかかりそうだし、このまま放置するしかないのかなと思っているあなた
。古いピアノでも交渉次第では、無料どころか高値で買取ってくれるかもしれないのです。

古くなればなるほど、ピアノ自体も劣化していき、価値も下がります。ですから決心がついたら、できるだけ早くピアノを買取ってもらいましょう。その際はネットの「一括査定」でピアノの相場を調べてから売ると、よりお得です。

査定後の交渉で確認すべきこと

では、ざっくりとピアノ一括査定サイトを使った、ピアノ買取の流れを説明していきたいと思います。

まず、サイトにアクセスし、売りたいピアノの情報を入力します。買取業者はこの情報を元に買取価格を決めるので、正しく査定してもらうためにも、嘘をついたりしてはダメです。

入力するのは、ピアノの種類(グランド・アップライト等)、メーカー(ヤマハ・カワイ等)、品番(製造番号や型番)、後はペダルの数や設置場所などです。

入力後、早ければ数分、遅くても翌日?翌々日には、複数の業者から査定の結果が電話かメールで届きます。

この結果を元に、業者との交渉が始まります。もし、こちらの要望や質問があれば、交渉の間に必ず業者の方に伝えておきましょう。

例えば、日中は働いているので、夜間に引き取ってほしい、あるいは逆に平日の昼間に時間を指定して引き取りに来てほしい、などの要望はここで確認してください。

調べてみました。引き取り日の調整がどこまでできるか

実際の買取業務で、平日の昼間や夜間など、日や時間を指定して引き取りをお願いできるかどうかを調べてみました。

まず、引き取りの日は年末年始やお盆など、例外もありますがほぼ全ての業者が指定可能です。

問題は時間指定ですが、ここは業者によってまちまちです。午前、午後の2部制で指定可能なところや、9時?18時までの間で時間指定はできず、前日に運送業者から時間帯の連絡が入るところ、割増料金を払えば時間指定が可能なところなどがありました。

一般的なのが、日にちは指定可能で、時間帯は前日に運送業者から連絡が入るパターン(時間指定は無理)。これは買取業者が運送業者に依頼してピアノを引き取る場合に多いようです。

平日に昼間にどうしても来てほしいと思う方は、時間指定ができるかどうかをまず業者に確認してくださいね。

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!

-中古ピアノ買取のQ&A

© 2021 古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ