ピアノ処分の基礎知識

古いピアノの処分方法とは?無料で処分するには?

昔、子供が使っていたピアノ。

子供が成長して、だんだん使わなくなって、今は、部屋の隅で眠っている。。

「子供が大切に弾いていたピアノをどうすればいいのか?」

「ピアノって無料で処分できるの?」

「まだ使えそうだけど…」

とピアノの処分に困っていませんか?

そこで、今回は、ピアノの処分方法や処分費用について解説していきます。

ぜひ参考にして、自分にぴったりの処分方法をお選びください。

ピアノの種類を確認しよう

ピアノの種類を確認しよう

ピアノは、種類によって処分費用が異なってきます。

処分費用を把握するためにも、ピアノを処分する前に、ピアノの種類を確認しておきましょう。

グランドピアノ

グランドピアノは、コンサートホールや学校の音楽室にあるようなピアノです。

250~400kg程度の重さがあります。

運び出すときは、大人3~4人は必要です。

処分する際は手間がかかり、不用品回収業者に依頼する際は、回収費用も高くなってしまいます。

アップライトピアノ

アップライトピアノは、グランドピアノよりも場所を取らないため、一般家庭や小規模の演奏会場で使用されていることが多いです。

アップライトピアノの重さは約200~270kg。

グランドピアノよりは軽いピアノではあるものの、やはり運び出すのは大変です。

しかし、処分費用は、グランドピアノよりは安く済む可能性があります。

電子ピアノ

電子ピアノは、サイズがコンパクトで、奥行きも50cm以下のものが多く、家庭で使用しやすいピアノです。

重さは、電子ピアノのモデルによって異なりますが、40~150kg程度です。

1人で運べる電子ピアノもあるため、処分費用をあまりかけずに処分できる上、まだ使えそうな電子ピアノであれば、売ることもできます。

ピアノの処分方法と処分費用

処分方法と処分費用

ピアノの処分方法は5つあります。

  • 粗大ごみとして処分する
  • 不用品回収サービスを利用する
  • 親戚や友人に無料で譲る・施設に寄付する
  • オークションサイトやフリマアプリで出品する
  • ピアノ買取業者に依頼する

ここからは、5つの処分方法と、その処分費用について解説していきます。

粗大ごみとして処分する

粗大ごみとしてピアノを処分する方法は、ピアノの処分を考えるときにすぐ思いつく方も多いのではないでしょうか?

しかし、ほとんどの自治体が、ピアノを粗大ごみの対象外としています。

ピアノは適正な処理ができない「適正処理困難物」となり、専門店や購入店に相談するように促している自治体が多いのが現状です。

ピアノ線の処理が難しいことが理由のようで、ピアノを粗大ごみとして出すのは現実的ではないでしょう。

ただし、電子ピアノは粗大ごみとして受け付けている自治体があります。

重さやサイズによって収集してもらえる可能性がありますので、お住まいの自治体に確認してみるとよいでしょう。

ちなみに、電子ピアノを粗大ごみとして処分する際は、自治体によって異なりますが、2,000円前後の手数料がかかります。

電子ピアノの処分を検討している方は、手数料もあわせて事前に確認しておきましょう。

不用品回収サービスを利用する

不用品回収サービスを利用する方法もあります。

引っ越しや大掃除などで、ピアノ以外の大きな家具や家電の不用品がある場合におすすめの処分方法です。

不用品回収業者に依頼すれば、重たいピアノも運び出してくれるため、手間をかけずに処分することができます。

ピアノの回収費用は、種類や業者によって変わってきます。

以下に、種類別の回収費用をまとめました。

ピアノの回収費用

グランドピアノ:40,000~50,000円
アップライトピアノ:20,000~30,000円
電子ピアノ:5,000~10,000円

 

業者の中には、回収した不用品を不法投棄したり、無料の宣伝をしていたのに高額請求したりする悪徳業者もいるので、注意しなければなりません。

信頼できる業者をお探しの方は、お住まいの自治体に問い合わせてみるとよいでしょう。

自治体によっては、適した業者を紹介してもらえる場合があります。業者選びは慎重に行いましょう。

親戚や友人に無料で譲る・施設に寄付する

ピアノの状態が良ければ、ピアノがほしい親戚や友人に無料で譲ったり、施設に寄付したりすることも考えてみましょう。

大切に弾いていたピアノを大切に扱ってくれたら嬉しいですよね。

しかし、譲渡先や寄付する施設の場所によっては、運送費がかかる場合があります。

譲渡先や寄付する施設が10km圏内の場所であっても、1万円以上の運送費がかかるので、注意が必要です。

オークションサイトやフリマアプリで出品する

オークションサイトやフリマアプリを利用するのも一つの手段です。

オークションサイトやフリマアプリは、自分で価格を設定することができ、お得に処分できるのがメリット。また、送料は購入者の負担となる場合が多いため、出品の際の費用をおさえることもできます。

デメリットは、出品や配送準備を自分で行う手間と購入者が見つかるまでの時間がかかることです。

そのため、「早くピアノの処分をしたい」という方にはおすすめできません。

ピアノの処分をお急ぎの方は、買取業者に依頼したり、不用品回収サービスを利用したりと、早めに処分できる方法を選ぶとよいでしょう。

ピアノ買取業者に依頼する

ピアノがまだ使えそうな状態であれば、売却できる可能性があります。

買取業者に依頼して見積りを出してもらいましょう。

ピアノの買取価格は、種類、メーカー、状態などによってさまざまで、買取業者によっても違ってきます。

以下にピアノの買取相場をまとめました。

ピアノの買取相場

グランドピアノ:10,000~1,000,000円
アップライトピアノ:10,000~500,000円
電子ピアノ:1,000~80,000円

現在は、無料で査定を行ってくれる買取店が多くあります。

無料一括査定のサービスもありますので、利用してみるとよいでしょう。

ピアノを無料で処分する方法

ピアノを無料で処分する方法

ピアノを無料で処分する方法は以下のとおりです。

ピアノ買取業者に依頼する
・オークションサイトやフリマアプリで出品する
・親戚や友人に無料で譲る・施設に寄付する

この中でも、おすすめの処分方法は、やはり買取業者に依頼する方法です。

ピアノの買取は、古いピアノをお金にかえられる上に、早く処分できます。

また、買取不可となったピアノでも引き取ってくれる場合があります。

買取を依頼したピアノが買取不可となってもあきらめずに、複数の買取店に問い合わせてみてくださいね。

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!

-ピアノ処分の基礎知識

© 2022 古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ