中古ピアノ買取のQ&A

ピアノを売りたい!でもピアノは実家に!どうやって売ったらいいの?

ピアノ

子どもの頃に親に買ってもらったピアノ。一生懸命練習したし思い出深いものだけど、今は実家を出てしまい、誰も弾かないピアノは収納力のない物置状態。

買ってもらって言うのも何だけど、次の弾き手にピアノを渡した方が、ピアノも幸せなんじゃないの?

そう思うならぜひピアノ「一括査定」を受けましょう。一緒に住んでいなくても、査定は可能です。

実家のピアノを売るためにしなければならないこと その1

今は実家にいないけど、自分以外誰も弾かない実家のピアノを売りたい、そう思うならピアノ「一括査定」がぜひオススメです。

まず実家に連絡して、一括査定に必要な情報を調べてもらいましょう。

  • ピアノメーカー(ヤマハ・カワイなど)
  • 種類(グランドピアノ・アップライトピアノ)
  • 品番・製造番号(グランドピアノなら大屋根を開け、本体内部にあるフレームの右上面、アップライトなら天屋根を開け、金色のフレームの右か中央にある英字+数字の番号)
  • ペダルの数(2本・3本)

他には、ピアノの保存状態(キズや故障の度合い)もできれば調べてもらいましょう。

生活上のキズ程度なら問題ありませんが、水没、火災など大きな損傷やネズミ・被害は事前に査定時に報告した方がいいからです。

これらの情報をインターネットの一括査定サイトに入力すれば、実家のピアノの相場が分かります。実家に住んでいなくても、業者との交渉をすることができるのです。

実家のピアノを売るためにしなければならないこと その2

次にピアノ自体の情報とは別に、ピアノが置いてある場所についての情報も集めましょう。

1階なのか2階なのかなどの大まかな情報は依頼者でも分かるかもしれませんが、窓や廊下の寸法まで把握している人は少ないはずです。

ピアノの搬出が可能かどうか調べる意味でも、ピアノの搬出経路となるドアや廊下が、ピアノが通ることができるだけの幅があるかどうかをきちんと確認しておきましょう。

らせん階段、外階段、ベランダなど、運送者の技術やクレーン車が必要な作業の場合は、ピアノの搬出費が変わることもありますので、疑問があればどんどん聞いて疑問点をクリアにしておきましょう。

ちなみに、アップライトでは、幅80?前後、グランドピアノでは幅50?前後が最低限搬出に必要だと言われています。

頼める場合は、実家に住んでいる方に搬出関連の連絡をしてもらうのもよいでしょう。

実家のピアノを売るためにしなければならないこと その3

最後は引き取り日当日に、実家の家族に立ち会いをお願いしましょう。

家族の都合のよい日時を聞き、業者との調整を行いましょう。

平日の方が業者を探しやすいですが、探せば土日、夜間でも引き取り業務を行っているところがあるので、買取業者を選ぶ際に、その点もポイントにして決めてもいいでしょう。

当日は、2tトラックに2,3人の作業員(特殊作業の場合はこれよりも多い)が実家を訪問し、ピアノの梱包及び搬出を行います。

こちらは基本的に立ち会うだけで、ピアノの移動のために動かす必要のある家具や家電があっても、業者がやってくれますので、そのままで大丈夫です。

ただし貴重品や障害物(軽い物)などは事前に片づけておいた方が作業もスムーズです。

搬出時間はグランドピアノ、アップライト共に約15分?60分程度です。

その間、搬送用のトラックを停車しなければならないため、近所の方への周知が必要ならそれもお願いしておきましょう。

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!

-中古ピアノ買取のQ&A

© 2021 古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ