古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ

業者間の競争をさせて、ピアノの買取価格をぜひアップさせよう!

ピアノ

 

1990年代、日本では4世帯に1台はピアノを持っていました。その数、実に1000万台!しかし今ではその7割が誰にも弾かれていないそう。

 

そこに目を付けたピアノ買取業者によりピアノは売買されるのですが、その査定額は業者によって違います。

 

高額買取を目指すには、一括査定で業者同志を競争させるのが一番!

 

日本には買取るべきピアノがたくさんあります

 

日本は、世界でもトップクラスのピアノ保有国だそうです。その数、実に1000万台!思い返せば、自分が子どもの頃(現在40代後半)、女の子の習い事と言えばまずピアノでした。

 

そしてピアノを習っている女の子の家には、大抵アップライトピアノが置いてあり、遊びに行って、その子のピアノをみんなで弾きながら歌ったりすることも楽しみの1つでした。

 

1999年に総務省統計局が実施した調査によると、その年のピアノ普及率は全国平均で25.2%もあり、4世帯に1台はピアノがあったということになります。

 

ところが、今ではその頃のピアノの約7割が、誰に弾かれることもなく放置されたままの状態なのだそうです。

 

このようなピアノを買取り、修理して再び中古ピアノとして販売する「ピアノ買取業者」が全国にたくさんあるのもうなずけますね。

 

業者によって買取価格が違う訳

 

たくさんいるピアノ買取業者ですが、彼らが買取るピアノに付ける値段は異なります。

 

その理由は、中古ピアノの価格があってないようなものだというのが1つ。

 

さらに業者によってピアノを売る相手や売り方が違うため、欲しいピアノの種類や査定基準が違うということも1つとしてあげられます。

 

例えば、買取業者には「メーカー系」と「独立系」があり、メーカー系はピアノ製造メーカーが出資し作った会社で、自社のピアノの売買のみ行っており、独立系は色々なメーカーのピアノを扱い、独自の販路で国内、海外へと販売しています。

 

メーカー系へピアノを売ると、修理部品が調達しやすいので、故障の有無が査定に響くことはあまりありませんが、独立系だと、故障の度合いによっては査定額が下がったりします。

 

ピアノを売る場合は、売る相手を慎重に選びたいですね。

 

業者を競合させることにより、価格がアップする

 

ピアノを買取ってくれる業者はたくさんあること、高く買取ってもらうためには売る相手を慎重に選ぶこと、この2つについてはご理解頂けたかと思います。

 

そしてもう1つ、高額査定を引き出すコツとして、複数の業者にピアノの買取を依頼し、競合させることも大事です。

 

買取業者は同業者=ライバル関係になります。あなたのピアノをライバル会社に取られることは、ビジネス上競り負けたということになるので、当然そうならないために、より買い手に有利な条件を提示せざるを得なくなります。

 

複数の業者に査定を依頼する「一括査定」を行うと、ピアノの情報がそのサイトに登録されている業者全てに送られます。

 

自分の会社だけでなくライバル会社にもその情報が送られているため、常に業者間の競争が行われるということなのです。

 

一括査定サイトの顧客満足度は80%。この高い満足度が買取額の高さを示していると言えるでしょう。

 

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!