大阪府大阪市の中古ピアノ 処分なら、まず買取査定をしてみよう

大阪府大阪市の中古ピアノ 処分なら、まず買取査定をしてみよう

女性

大阪市は、日本で二番目に人口が多い都市。しかし人口は年々増え続けていても、15歳以下の割合は年々減少しています。

 

そんな大阪市でピアノをお持ちの方へ。今、日本の中古ピアノは年間何万台も輸出されていることをご存じですか?

 

日本の中古ピアノは、有名なのに値段は安いのが人気の秘密です。あなたもぜひお得にピアノを売ってしまいましょう。

 

大阪市は日本で二番目に人口の多い都市です

 

大阪市は、全国で2番目に人口の多い市なのだそうで、その人数は2,691,742人(およそ269万人)です(平成28年)。

 

人口密度は全国で25位、上位ではありますが予想に反しトップ5にも入っていませんでした。

 

ちなみに上位15位まで東京都が占拠しています。

 

そんな大阪市の人口はここ数年増加しているそうですが、逆に0〜14歳までの人口は年々減っています(大阪市の推計人口年報(平成26年)より)。

 

少子化の波は過疎化の進む地方だけでなく、人口1,2位を争う大都市にも来ているのですね。

 

長年放置したピアノは売却がお得!?

 

少子化の影響を受けてでしょうか。

 

かつて、ピアノ教室といえば子どもの習い事の定番でしたが、今は大人対象のピアノ教室も少なくありません。

 

もしかしたら、これからピアノをやってみようかなという大人の方もいるかもしれませんね。

 

さて、ピアノを始める時に、まず用意しなければならないのがピアノ本体です。

 

ちょっとしたお小遣いで買える値段ではありませんね。

 

子どものころ習っていたという方によくあるのが、昔使っていたピアノがあるから購入しなくても大丈夫!と思っているケース。

 

残念ながら、そのピアノ、見た目は良くても楽器として使えなくなっている可能性があります

 

ピアノは、本来ちゃんとメンテナンスをしていれば長く使えるものです。

 

弾く人がいなくなりメンテナンスもされず置きっぱなしになっているピアノは、ほこりや湿気、虫やネズミなどのリスクにさらされ、ちょっと調律した程度ではピアノとして機能しないことがあります。

 

この場合、どうしても使いたい場合は、オーバーホールすることになるでしょう。

 

オーバーホールにかかる金額は、ピアノの状態や業者によりさまざまですが、安くはありません。

 

それならば、古いピアノを売却して、新しいピアノの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

 

日本の中古ピアノが人気の訳

 

女性

 

日本の中古生ピアノが、今、海外へ年間何万台も輸出されています。

 

日本の中古ピアノが人気なのは、まず日本のメーカーであるヤマハ・カワイが、ピアノメーカーとして世界的にも認知されているからです。

 

実は両メーカーは一時生産台数で世界1,2位だったこともあり、そして現在も年間ピアノ販売台数のトップシェアを誇っています。

 

それだけ有名なのに、ヨーロッパの中古ピアノに比べヤマハ・カワイのピアノはかなり低価格なので、品質が良いのに値段も安いと、海外、特にアジア圏では大人気です。

 

もしピアノを手放すならば、今がチャンスです。日本の中古ピアノが高値で取引されている間に売ってしまいましょう。

 

一番高くピアノを売るには?

 

ピアノをただ売るだけなら、例えば近所にあるピアノ買取業者へピアノを売るという方法があります。

 

大阪市には12の買取業者がありますので、そこに依頼をすればいいのです。

 

高額買取を希望するなら、この方法では無理です。

 

何故なら、1社だけに買取を依頼すると、そこには競争がなく、こちらはピアノの相場も知らない素人。

 

いいように買いたたかれるのがオチだからです。まあ良心的な業者であれば、相場の値段程度は出してくれるでしょうが。

 

高額買取のコツは、複数業者に査定を依頼し競争させることです。

 

しかし一々業者に連絡を取り、査定額を元に相手と交渉するのも、なんだか大変そうですね。

 

そんな時に便利なのが、ピアノ買取「一括査定」サイトです。

 

これを使えば、複数業者への査定依頼が一回で済み、査定額を比べると、あなたのピアノに一番いい値をつけてくれる業者が分かります。

 

一括査定には、当ページの『ピアノ買取業者一覧』をご利用ください。

 

サイトの使用は完全無料なので、気軽に利用できますね。

 

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!