関東地方

世田谷区の中古ピアノ 処分なら、まず買取査定をしてみよう

女性

世田谷区は、日本で一番人口の多い区で、政令指定都市に匹敵するほどの人口密集地です。

マンション化率も高く、世田谷区で暮らすなら騒音問題は避けて通れません。

もしお持ちのピアノで騒音トラブルが起こってしまった時、主な対策は「消音装置を付ける・ピアノを買い替える」ですが、もしピアノを買い替える場合、ぜひ一括査定を頼ってください。

世田谷区の人口は、政令指定都市にも匹敵します

東京都23区の中で、最も人口が多い区はどこかご存じですか?

東京はどこでも同じでとにかく人が一杯というイメージがあるのですが、近隣にお住まいの方なら想像がつくのでしょうか?

女性

正解は「世田谷区」です。

人口は900,391人(2016年10月)で、つまり約90万人です。

日本で人口が100万人を超える都市は11しかないことを考えると、世田谷区の人口の多さが分かりますね。

さらに、政令指定都市の条件の1つは、人口50万人以上となっています。

つまり、つまり世田谷区は政令指定都市並みの人口を持つ区といえます。

そんな世田谷区は、分譲マンションも賃貸マンションも23区の中で最も数が多く、マンション化率もかなり高くなっています。

世田谷区のような人口密集地で暮らしていくには、田舎にはない色々な制限があります。その1つが騒音問題です。

騒音対策として取るべき対策2つ

随分昔ですが、ピアノの音が原因でマンションの住人が隣人を殺害する痛ましい事件が起こりました。

自分たちには気にならない音でも、相手にとっては耐え難い苦痛を与えるのが騒音です。

実際、マンションが抱える管理の問題として、生活のルールを守らない入居者がいること、入居者間のトラブルがあることがあげられています。

マンションに住みながらピアノを弾くなら、十分注意しておきたいですね。

近隣トラブルを招きにくいという点では、電子ピアノは優れています。

しかし、ピアノを本格的にやるなら「生ピアノ」(アコースティックピアノ)の方が優れています。

音質、鍵盤の感触、表現力などが違います。

ピアノの先生から電子ピアノの限界を指摘され、生ピアノをすすめられることもあります。

もし、子どもにはやはり本物の音を、と思い生ピアノを購入したものの、苦情を言われてしまった場合、対策は2つあります。

1つは消音装置を付けることです。

消音装置はピアノの打鍵にセンサーが反応し、予め録音された音をヘッドホンに送る装置で、生ピアノに取り付けることが可能です。

もう1つはハイブリットピアノ、電子ピアノに買い替えることです。

ハイブリットピアノとは、予め消音装置が付いたピアノのことで、生ピアノと電子ピアノ両方の長所を持つピアノです。

電子ピアノから生ピアノに買い替えというケースの方が多いようですが、ご近所トラブルでマンションに住めなくなっては大変です。

生ピアノがもとでトラブルになってしまった場合、趣味の範囲で楽しむのならば電子ピアノへの買い替えを考えるのも1つの方法です。

ピアノを買い替えるなら、一括査定が頼りになります

もし、ピアノを買い替えるならば、今あるピアノをどうするかが次の問題です。

ご存じかも知れませんが、ピアノは処分するのにお金がかかるモノです。

ただでさえ買い替えでお金が入用なのに、処分料まで必要なんてキツイですよね。

そんな時、頼りにしてほしいのが、ピアノ「一括査定」サイトです。

当サイトの『ピアノ買取業者一覧』には、選りすぐった査定サイトを掲載しました。

ここには、ピアノを買取してくれる業者が全国から集められ、あなたのピアノの査定・買取を行ってくれます。

ピアノの種類(アップライト・グランド)、メーカー、品番、製造番号などの情報を入力するだけでOK。

あとは買取業者から買取額の通知がきますので、それをもとに買取を依頼する業者を選びましょう。

買取られたピアノは業者によって修理され、中古ピアノとして国内・海外で販売されます。

新しい持ち主の元で大切にされると思えば、気兼ねなく手放せますね。

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!

-関東地方

© 2021 古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ