関東地方

大田区の中古ピアノ 処分なら、まず買取査定をしてみよう

大田区の中古ピアノ 処分なら、まず買取査定をしてみよう

東京都大田区は羽田空港があり、23区内で面積が一番大きな区です。人口も70万人以上で政令指定都市並み。

そんな大田区にお住まいで休眠ピアノ(誰も弾かないピアノ)を自宅や実家にお持ちの方に、ぜひ休眠ピアノの売却をおすすめします。

売却に必要なピアノの型番や製造番号、相場の買取価格を調べる方法からお教えします。やり方が分かれば「一括査定」サイトへGO!

大田区は人口が23区内で3番目、面積は23区1の大きさを持つ区です。

東京都大田区は23区内で、人口が3番目に多い区になります。その数は717,565人(2016年)で約72万人。

政令指定都市の条件である50万人を軽く超えています。

 

大田区と言えば羽田空港のあるところ。

大田区は、23区の中では最も面積の広い区なのですが、その3分の1を羽田空港が占めています。

中心地は蒲田駅周辺で、ビルやマンションが立ち並び、まさに都会といった雰囲気です。



そんな大田区の世帯数は、年々増加する傾向にありますが、世帯の人数は減少傾向にあります。

これは単身世帯や夫婦のみの世帯が増えているということです。

大田区には子どものいない若い夫婦の世帯と、子どもが独立して単身・夫婦のみになった世帯が多くなっていると推察されます。

そんな大田区にお住まいの方へ質問です。

弾き手のいないピアノにお心当たりはありませんか?

高層住宅のピアノ搬出には、余分に費用がかかります。

休眠ピアノとは、誰も弾かなくなってしまったピアノのことなのですが、子どもが家を離れ、ピアノだけが残されている場合や、逆に実家にピアノを置いたまま東京に出てきてしまった場合などがあると思います。

日本は1960?80年代、世界1,2を争うピアノ生産国でした。

当然日本にもピアノブームが起こり、今もピアノ平均保有率は約25%(2009年)と高い割合を誇っています。

しかし、そのうちの約7割が休眠ピアノなのだそう。

ご存じかも知れませんが、今、中古ピアノ市場が熱くなっています。

ピアノブームの頃販売されていた古いピアノは、日本人の職人が日本で製作したもの。

品質が良く、材質も今ではコストの面で使用できない良いものが使われているため、日本でももちろん海外でも人気が高いのだそうです。

すごく古いピアノでも、買取業者に買取ってもらえる可能性があります。

お住まいとは別のところにあるピアノの売却も可能です。

もし、休眠ピアノをお持ちなら、ぜひ売却をご検討ください。

休眠ピアノ 売却までの道のり

売却にあたって気になるのは、買取ってもらえるか、買取額はいくらになるかということ。

買取ってくれる業者の有無を知って、さらに、いくらで買取ってもらえるのか確認した上で売却するための方法をご案内します。

ポイントは、複数の業者から買取情報を得られるピアノ買取一括査定サイトを利用すること。

申し込みをすると、たくさんの業者の中から買取の意思がある複数の業者が、いくらで買取るかを提示してくれます。

買取一括査定サイトは、サイト内『ピアノ買取業者一覧』にまとめてあります。

申し込みには、ピアノのメーカー名、型番・製造番号などが必要です。

まず、メーカー名は大抵譜面台を置く場所(正面)や鍵盤カバーのフェルトなどに書いてあります。

アップライトピアノなら、天屋根(上部の蓋)を開けると、金色のフレーム右・中央に、グランドピアノは大屋根を開け、内部のフレームの右上面に、型番・製造番号が記されています。

ヤマハやカワイなら、型番は2?7文字の英数字、製造番号は数字です。これを紙などに写し取っておきましょう。

ピアノ買取一括査定サイトの所定欄に、必要事項を入力し送信します。

しばらくして送られてくる各業者の返信内容を見ると、買取金額提示のほかに条件や確認事項などが記載されていることがあります。

これを踏まえて、売却したい業者を選びましょう。好条件を提示した複数の業者と、価格や条件を交渉するのもOKですよ。

思い入れのあるピアノ。売却にあたっては、後悔のないよう信頼できる業者を見つけることをおすすめします。

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!

-関東地方

© 2021 古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ