関東地方

栃木県足利市の中古ピアノ 処分なら、まず買取査定をしてみよう

女性

栃木県足利市は、最古の学舎「足利学校」で有名な街です。

栃木県のピアノ保有率は全国3位。多くの家庭にピアノがありますが、そのピアノ、誰かに使われていますか?

もし誰もいないなら、あなたの家で無為に過ごさせるよりも、次の弾き手に渡してあげませんか?。

新しい小さな手があなたのピアノを弾く光景を思いながら、ぜひ一括査定にアクセスしてください。

栃木県のピアノ普及率は全国3位

栃木県足利市は、日本最古の学舎「足利学校」があることで有名です。

室町、江戸と二度最盛期を迎え、明治時代に廃校となり、一時は建物も蔵書も分散しそうになりましたが、先人の尽力によりそれは免れ、今は建物も修復され「日本遺産」として足利市の人々に親しまれています。

さて、栃木といえば個数・金額ともに餃子の消費量日本一(2013年)。これは、結構知られた話ですね。

では、栃木県のピアノの普及率が全国3位(2009年)であることはご存じですか?

その割合は34.0%。3世帯に1世帯はピアノを持っている計算です。

しかし、栃木県の15歳未満の子どもの数は、全国21位で100人あたり13.6人(2009年)。

1割強しか子どもはいないのに、3割もの普及率ということは、子どもは成長してもう弾いていないピアノがそのまま置きっぱなしになっていることが多いと想像されます。

足利市のピアノ処分が進まないわけ

栃木県足利市で、ピアノをお持ちの皆さんが、家にあるピアノを処分しないのは何故でしょう?

まず大きな理由として、ピアノの処分の大変さがあるかと思います。

ピアノは粗大ごみとして捨てることができません。

足利市のHP内「収集、処理できないごみ」の例として、「ピアノ・オルガン」が最初にあげられています。

そして収集・処理できないごみは、「販売店・専門の処理業者などに処理を依頼するように」となっています。

古いピアノなら販売店も既にない可能性もありますし、廃品回収業者に頼むと、運搬、廃棄に手間のかかるピアノは、引き取りに何万円もかかるのが一般的です。

これでは家に置いておいた方がマシだと思いますよね。

もう1つの理由は、ピアノがもともと高価なものであり、子どもとの思い出も詰まっているので、感情的に捨てにくいのだと思われます。

勿体ない、いつか誰かが使うかも…、そんな思いが捨てることをためらわせるのでしょう。

あなたのピアノはもう一度、楽器としての時を過ごすだけの時間があります

しかし、まだまだ使えるピアノを放置することの方が、勿体ないことだと思いませんか?

ピアノの製作には、多くの人と多くの材料が必要です。

ピアノが高価なのは、それらの人、材料が高価だからです。

職人と呼ばれるプロの製作者たち。ヤマハもカワイも、創業者はピアノの製作者でした。

それぞれが「最高のピアノをこの手で作りたい」と始めた結果が今の日本二大ピアノメーカーです。

黒檀・象牙・ウォールナット・マホガニー、高級家具にも使用されるこれらの素材もピアノの材料となります。

メンテナンスされたピアノの寿命は80?100年程度だと言われます。

あなたの家で40年を過ごしても、まだまだ楽器として使えると考えられます。

あなたの家で無為な時を過ごしているピアノを、新しい弾き手に渡してあげませんか?

女性

どこかで新しい小さな手が、たどたどしくあなたのピアノを弾いている。

そんな光景を想像しながら、ぜひ当ページの「ピアノ買取業者一覧」にアクセスしてみてください。

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!

-関東地方

© 2021 古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ