広島県広島市の中古ピアノ 処分なら、まず買取査定をしてみよう

広島県広島市の中古ピアノ 処分なら、まず買取査定をしてみよう

女性

広島県はピアノの普及率が全国で15位と割合高く、広島市でピアノを保有している方も多いと思われます。

 

これらの中には休眠ピアノ(誰も弾かないピアノ)もたくさんあることでしょう。

 

休眠ピアノが処分されないのは、ピアノの処分の難しさが原因でしたが、今ピアノは「処分する」から「買取ってもらう」に変化しました。ピアノ高額買取のコツを教えます。

 

広島市の人口は全国10位で、ピアノの普及率は15位です。

 

広島県といえば、原爆ドームや厳島神社、広島焼に広島カープと、瞬時に色んなものが浮かぶほど、観光地や美味しい食べ物に恵まれた県。

 

余談になりますが、広島県は、貝の漁獲量(2013年)やお好み焼き・焼きそば・たこ焼き店の店数(2014年)、ソースの消費量(2008年)が全国1位なのだそうです。

 

広島県の中心であり、県庁所在地である広島市は、人口が1,194,507人(約119万人)で全国10位の大都市です(2016年)。

 

広島県のピアノの普及率は15位で27.1%と、こちらもそこそこ高い数値ですので、ピアノを持っている広島市の方は結構多いと思われます。

 

広島市でピアノをお持ちの方の中には、弾かなくなってしまったピアノを、そのまま保有している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

誰にも弾かれないピアノを「休眠ピアノ」と言います。

 

日本に休眠ピアノが多い理由

 

日本には、実は多くの休眠ピアノがあると言われています。

 

その多くが子どものために購入したものの、途中で弾かなくなった、子どもが成人して家を出ていったなどの理由で弾き手がいなくなり、そのまま放置されているものです。

 

ただでさえ日本の家屋は狭いのに、なぜピアノを処分せず、そのままにしておくのでしょう?

 

この一因として、ピアノ処分の難しさが考えられます。

 

多くの自治体と同様、広島市もピアノをごみとして処分できません(広島市 家庭分別ごみ辞典より)。

 

この点だけでもかなりのネックなのに、さらに不用品回収業者のような処分業者に頼むと、ピアノはその重さ・大きさ・分解の難しさゆえに、高額の処分料を請求されてしまうのです。

 

少なくともそのままにしておけば、お金も労力も使わなくて済む。これが日本に休眠ピアノが多い理由です。

 

ピアノは「処分する」から「買取ってもらう」時代に

 

そのままにしておけば、お金はかからないし、面倒もない。

 

そのように放置されたままの休眠ピアノですが、本当はとても勿体ないことをしています。

 

 

今、ピアノは「処分する」から、「買取ってもらう」時代になりました。

 

お金を払うのではなく、お金をもらえる時代へと変わったのです。


 

えっ!お金がもらえるの!?と思った方、注目です。

 

ぜひ気が変わらないうちに、当サイトの『ピアノ買取業者一覧』を開いてサイトをご覧ください。

 

ピアノをより高額で売るにはちょっとしたコツがあります。

 

車を売るのと同じで、複数の業者に見積もりを出してもらい、より良い条件を提示してくれた業者に売るのです。

 

皆さんの中にも、複数のディーラーを回り、下取り価格、値引き価格の交渉をしたことのある方がいるのではないでしょうか。

 

それと同じことを、このサイトは代行してくれます。

 

ピアノ買取業者にあてが全くなくても、ここを利用すれば、皆さんのピアノをより高く買ってくれる業者が見つかります。

 

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!