中古ピアノ買取のQ&A

もし買取不可の場合、処分料を払わなければならないの?

ピアノ

今、古いピアノの買取が盛んに行われていますが、何でもかんでも高額買取してくれるわけではなく、中には買取を拒否されるピアノもあります。

どんなピアノが買取不可となるのでしょうか?そして、もし買取不可ピアノを処分するとしたら、どのような処分方法があり、費用がいくらかかるのでしょうか?気になるピアノ処分のあれこれをご紹介します。

ピアノを買取ってもらえないケース

今、古いピアノの買取が盛んに行われています。日本の中古ピアノは海外では人気だということで、テレビでもネットでも、ピアノ買取業者の広告を頻繁に目にしますよね。

しかし、何でもかんでも高額買取かというと、中には「無理です」と業者に買取を断られるピアノもあります。

ちなみにどんなピアノが買取不可なのかというと、

故障の度合いが酷い

全く音が出ない、鍵盤が動かない、ペダルが壊れているなど、あまりにも故障の度合いが酷い。

大きなキズ、ヘコミ、塗装の剥がれがある

内装まで貫通するような大きなキズやヘコミ、広範囲に及ぶ塗装の剥がれなどがある。

虫害、鼠害、火災、水害による破損

これらはピアノの楽器としての機能を破壊している場合が多い。

30年以上の年数が経過したピアノ

このケースは、全て買取不可というわけではありませんが、可能性としては高いそうです。

あきらめるには早いかも

自分のピアノに価値が無いと分かったときほど、ガッカリすることはありません。古いし、ボロいし、そうではないかなと予想していたとしても、です。

しかし、それが1社だけに査定を依頼してもらった結果なら、まだあきらめるのは早いかもしれません。

ピアノを処分するという手段は、複数の業者に査定をしてもらい、全ての業者にタダです、と言われて初めて考えればいいのです。例えば自社修理工場を持ち、低価格で修理が可能な業者なら、買取ってくれるかもしれません。

ピアノ一括査定などを利用して、ぜひ複数の業者に査定をしてもらいましょう。

一括査定サイトを利用すれば、最初は「無料で引き取ります」と言いつつ処分料を高額請求してきたり、買取価格よりも査定費、運搬費などを高くつけ、結局お金を支払わせるような悪徳業者に出会うリスクもありません。


それでも無理な時は

複数の業者に依頼し、それでもやはり値段がつかない場合、とにかく早く処分しなければならない場合は、有料での処分を考えましょう。

ピアノの処分方法には

  1. 自治体にお願いする
  2. 回収業者にお願いする

の2つがあります。

1.は多くの自治体が、ピアノの回収を不可としているので、ご自分の自治体がどうかを問い合わせてみてください。OKなら2.よりも断然処理費用は安くなりますが、自分で玄関先までピアノを移動させなければいけない場合もあります。

2.は回収業者により料金がまちまちなので、回収業者に問い合わせる必要があります。アップライトピアノなら大体1.5万?3万円、グランドピアノで5万程度かかります。搬出が難しい場所にピアノを置いているなら、さらに料金がかかると思った方がよいでしょう。

2.の回収業者の中には、ピアノの買取を行ってくれるところや、買取業者の中にも、ピアノの無料引き取りを請け負ってくれるところもあるので、その辺も事前に業者に確認をしておくと、後々のトラブルを防ぐことができます。

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!

-中古ピアノ買取のQ&A

© 2021 古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ