中古ピアノ買取のQ&A

ピアノの買取価格を上げるには、事前の調律や修理が必要なの?

ピアノ

家にある不要なピアノをリサイクルしませんか?今はピアノも買取ってもらえる時代です。早速ピアノ買取業者を探してみましょう。

でもその前に、家のピアノはもう随分放置したまま、キズも付いているし調律もしてない。

高く買取ってもらうためには調律や修理を事前にしておいた方がいいの?そんな買取前の疑問にお答えします。

不要なピアノをできるだけ高く売るには?

子どもが小さかった頃楽しそうに弾いていたピアノ。成長するにつれ、ピアノ以外のことに夢中になって、いつしか忘れ去られたようにリビングに放置されている、そんなピアノに次の弾き手を与えてあげませんか?

日本だけでなく、海外でも、あなたのピアノを待っている人がいます。

今はピアノもリサイクルの時代です。ピアノの処分を考えているなら、一度ピアノの査定を行ってみてください。

古いピアノでも、もしかしたら高値で売れるかもしれません。

その際には、ぜひ複数の業者の査定を受けましょう。なぜなら1社のみの査定では、本当に正しい買取価格なのか判断できないからです。

買取業者の言い値で買いたたかれてしまったら、まるで思い出まで買いたたかれたみたいで、悔しいですよね。

でも、複数の業者に電話するのは面倒…。そんな時はネットの「一括査定」サイトを使えば、無料で簡単に複数の業者から査定を受けることができます。

査定結果が出たら、あなたはその中から一番条件の良い業者を選べばいいのです。

よくある質問?査定価格を上げるにはどうすればいい??

さて、ピアノを売ることに決めたけれど、少しでも査定額を上げるためにはどうすればいいの?との質問をよく見かけます。

その答えとして挙げられるのは、

  • 付属品(椅子やピアノカバー、鍵盤カバー、足置きなど)があればそれも準備しておく。
  • ピアノのクリーニング(業者にお願いしてまでする必要はなし)をしておく。

などです。

ここでちょっとでもピアノをかじったことのある人なら「あれ、調律をしといた方がいいのではないの?」と思うかもしれません。

また、古いピアノで特定の音が鳴りにくい、鍵盤が戻りにくいなど、故障している箇所がある場合、直さないと買取ってもらえないのでは?と思う人もいるでしょう。

実は定期的に調律をしているならともかく、買取前の調律や故障箇所の修理は、査定額にあまり反映されないというのが一般的なのです。

どうして調律や修理は不要なの?

なぜ、調律や修理が査定額に影響しないのでしょうか?

それは、通常買取られたピアノは、中古ピアノという商品に生まれ変わるために大掛かりなオーバーホールが施されるからです。

オーバーホールとは、部品を細部まで分解して清掃・再組立てを行うこと。主に機械製品に対し使われる言葉なのですが、これを文字通りピアノに対して行うのです。

分解できるところまで分解し、内部を清掃、破損部分の修理、さび止め処理をし、消耗品は交換します。

外部には研磨とつや出し加工などを行うことで、ピアノは新品の状態により近い形にリニューアルされるのです。

音が出ないなどの、弦や鍵盤に関する修理もそこで行われ、オーバーホール後には調律ももちろん行われますので、事前に調律や修理をしても意味がなくなってしまうのです。

ただし、業者によっては考慮してくれる場合もあるので、もし売却前に調律や修理を行ったなら、その旨を業者に伝えてみてください。

ピアノ買取一括見積なら、一番高くピアノを売ることができます。こちらをクリック!

-中古ピアノ買取のQ&A

© 2021 古いピアノが高く売れる!ピアノの処分に困ったら買取一括査定へ